• 長野新
  • 田村尚子
  • 山口太志
山口太志

山口太志 プロフィール

昭和42年
備前市鶴海に生まれる
平成11年
陶芸の道へ 備前 松山株式会社 入社
平成13年
備前焼作家 道下喜一氏に師事
平成15年
独立
平成16年
岡山県美術展覧会 入選
平成18年
鶴海に登窯を自身で築窯
その他
各地で催事、個展、グループ展等開催
日本橋三越 池袋三越 広島三越 大阪髙島屋 高松天満屋
六本木金鳳堂画廊 香川灸まん美術館 ギャラリー茶や四季
京都山科大本山随心院 神楽坂ギャラリー坂 など
山口太志 陶芸家(備前焼)

現代に受け継がれる、備前焼のある暮らし

備前焼は古くから日本人に愛され続けてきた焼物。
無骨さと繊細さが調和した器たちは
人々の心をひきつけてやまない。
土と炎と技で融合された備前焼は
その時代時代の生活を彩ってきた。
伝統の継承の一方、現代の生活シーンにあった花器や食器も
陶工たちにより生みだされ続けている。
焼肌の色や形もさまざま。
ガラスや漆器と合わせても不思議な魅力を醸しだす。
緑が映え、水と相性が良いので酒や茶が旨い。
手にした人の使い方次第で
それぞれの備前焼のある暮らしがはじまる

陶芸家 山口太志の作品例

この作家の作品を購入する

伝統的な備前を守りつつ、現代の備前にも挑む。

約10年間のサラリーマン生活を経て、念願の備前焼作陶の道へ進みました。備前でも有数の松山窯へ入社し、数多くの作家達と交流して備前焼の真髄を学びました。
その後、備前市久々井で活躍されていた、道下喜一氏に師事。道下氏の下で、ろくろ形成を基本に備前焼の優美さ、端正さを教わりました。
2003年独立。本格的に作家として活動を始めました。
クラフトフェア等を通じ、他分野の作家達と交流・刺激を受け、伝統的な備前を守る一方、現代の備前にも挑戦しております。
備前焼の窯焚きは年に2~3回です。30年間活動しても、その回数は
60~90回足らずです。限られた窯焚きの中でより良い焼けの作品が取れる様、試行錯誤しております。
まだまだ若輩者ではありますが、日々精進し多くの人々に備前焼の魅力を伝えられたらと思っております。

陶芸家 山口太志の作品例

この作家の作品を購入する