出し鏨、なめくり鏨、生下げ(きさげ)鏨

桂一門の鏨は日本製の炭素鋼を使用しております。他国で溶解された炭素鋼は炭素鋼の他に交じりものが多く、割れや欠け 焼鈍にならない、ヤスリが掛からない等の弊害が見られます。

生下げは桂盛仁先生が刀匠の方にお願いした特注の材料で、彫金用の厚みと幅に変えてあります。生下げは成形と焼き入れ、研ぎあげをしてありますので、直ぐにお使いいただけます。

出し5号

出し5号
打ち出しをする時の腰寄せに必要な鏨で、この出し鏨で高肉打ち出しをすると破れにくく、切り離してみると地金が元の厚みの倍にもなります。

お買い物ページへ

なめくり5号

なめくり5号
端金と、作品との境界を作ったり 作品の高低差を出す時に必要な鏨です。

お買い物ページへ

生下げ

生下げ(きさげ)
金属を切削して細かな傷を取ったり、ヤスリが入らない細い所の仕上げに使います。使い方の説明書をつけてのお渡しとなります。

お買い物ページへ

Posted in 彫金家-田村尚子

銀楊枝

銀は薬物に反応すると黒変するため、日本では皇族や貴族の方のお茶道具には銀のお道具がつかわれていました。
銀製の楊枝は黒文字やメッキのものと違い、一生お使い頂けるものです。
使い良い形を、とこの形になりました。彫りが入ると愛着を持って楽しみがある他、滑り止めにもなります。
銀は磨くと大変光りますが、お茶道具の為に炭で磨いて艶をおとしてあります。

銀楊枝-製作中

この写真は、銀の楊枝を一枚一枚糸鋸で切り出しているところです。

銀楊枝-作業風景

職人の手により、彫りが入れられます。

銀楊枝-朝日- 全体像

作品例:朝日

銀楊枝-麦の穂- 全体像

作品例:麦

銀楊枝-麦の穂-アップ

麦の拡大画像


▲実際につくっているところです。

この他にもお好きな柄やお名前などを削り出して製作することも可能です。
織りで出来た袋が着きます。楊枝入れの色・柄はお選びいただけます。

まずはお気軽にご相談ください。

お買い物ページへ

Posted in 彫金家-田村尚子

慈愛-削り出し

一見、プラチナをねじって作っているのではないかと思われるデザインですが、
狂いのないように丁寧にやすりで削り出して磨きあげた手間暇が掛かったものです。

慈愛-削り出し

こちらを作成した際のエピソードとして、
初めのうち、ご主人は指輪だったら何でもいいからといった感じでしたが、
打ち合わせしてからはものすごくこだわられていき、楽しみにされておられました。
出来上がった時は嬉しくて舞い上がったようになって帰宅されたそうです。
こんなに喜んで頂けるなんてこちらが驚きました。

慈愛-削り出し

お買い物ページへ

Posted in 彫金家-田村尚子
Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 Next